讃岐うどんはなぜ栄えたのか?

讃岐うどんはなぜ栄えたのか?

四国香川県の高松市は言わずと知れた讃岐うどんのメッカです。この街には日本全国から本場の讃岐うどんを求めて観光客がドッと押し寄せています。何でも香川県は良質の小麦の全国屈指の生産地で、それに四国山脈からの豊富な清水にも恵まれています。そのうえ「うどんツユ」のダシにつかうイリコも豊富で、その上、醤油作りも盛んな土地柄ですから、まさにうどんに必要な条件がすべてそろっているのです。

 

http://r.gnavi.co.jp/g847503/

 

そうしたことがバックグラウンドとなって香川県では讃岐うどんづくりが盛んになったのです。そしていまでは香川発として大型チェーン店が全国に進出していて、いま讃岐うどんはその人気を全国的に広めていっているようです。【高松市内にはうどん屋が250軒以上もある】携帯電話が普及したせいで、いまでこそ少なくなった公衆電話ですが、それがまだたくさんあった頃の話なのですが、”高松市のうどん屋は公衆電話の間隔より狭いぐらい多くの店が軒を連ねている”と言われるほど、うどん屋の数が多かったそうです。

 

くすくす 福岡博多店

 

現在でも高松市だけで、うどん屋の数は250軒を越えるほどです。店のスタイルも一般のうどん店やセルフ店、さらには製麺所直営店など様々です。またこの街には「うどんツアー」などと称して日本全国から多くのツアー客が年間を通してたくさん押しかけてきており、さながらうどんの街一色という観を呈しているようです。

 

 

 

さらに近年では、香川県を発祥地とした大型うどんチェーン店が生まれて、今全国各地に破竹の勢いで進出を続けています。香川県は、まぎれもなくうどん大国なのです。