讃岐うどん

讃岐うどん

香川県というと、もう皆さん、讃岐うどんを思い浮かべますよね。もちろん昔から香川県の人は讃岐うどんを食べてきたのですが、それが今では全国的に有名になりました。一体いつから讃岐うどんが有名になったのでしょうか?もともとは香川県内で讃岐うどんが親しまれていたのですが、1988年に開通した瀬戸大橋によって、讃岐うどんが香川県を超えていったのです。

 

代々木公園近くで評判のカフェはこちら

 

そして香川県のコミュニティにより、香川県だけではなく、全国的に讃岐うどんのブームの火付け役となっていったのです。今では県外からも多く讃岐うどんを香川県に食べにくる人も多くいて、有名な讃岐うどんのお店になると外まで行列ができるという繁盛ぶりなのです。香川県の讃岐うどんはセルフサービスのスタイルをとっているお店はほとんどありませんが、東京などの大都市を中心にセルフサービスのスタイルの讃岐うどんのお店が登場しました。

 

http://r.gnavi.co.jp/napa001/

 

今ではファミリーレストランのようにどこの町にいってもセルフサービスの讃岐うどん屋さんを見かけるようになりました。また多くのセルフサービスの讃岐うどんはチェーン展開をするようになり、値段が安いという事もあり、この不況の時代には、お昼時には行列ができるようになりました。

 

天神駅周辺で飲む時はいつもこのお店です

 

また讃岐うどんだけではなく、トッピングとして唐揚げやてんぷらの他、カレーライスなども置いてあるお店も登場して、今ではバラエティー豊かなメニューでお客さんを楽しませてくれます。早くて、安くて、しかも美味しい讃岐うどん。早速食べに行きたくなってしまいましたね。