安いうどん屋・原価はいくらなのか

安いうどん屋・原価はいくらなのか

同じ麺類でもラーメンに比べるとうどんやソバにはずいぶん安い値段のメニューがあるようです。よく駅の構内にあるような「立ち食いうどん」の店には一杯200円ぐらいのものさえあります。いわゆる「素うどん」とメニューに書いてあるものですが、中の具は薄く切ったカマボコ2枚と、ネギだけです。

 

 

 

この内容だと原価を考えると安いのは当然という気がしますが、外で食べるものの値段としては安いに違いありません。したがってちょっとした空腹には適当な食べ物であるとも言えます。でも考えてみれば、もし家でこれを作れば100円もかからないでしょう。券売機で食券を売って人手を省いており、つくるのにもスープ以外は特に調理に手を加えなくてもいいことを考えれば、200円といえども決して安いとは言い切れないのではないでしょうか。

 

渋谷にある美味しいイタリアン

 

【安いうどん店が多いが、原価はいったいいくらなのだろうか】考えてみれば駅構内にあるうどん店などでは、朝のラッシュ時だけでも、朝ごはん抜きで出勤している人がけっこう立ち寄ることだろうし、何万人という多くの人が行き来する大都市の駅構内だと、朝の数時間の間だけでも、おそら100杯単位で売れていくのではないでしょうか、仮に200杯売ったとして、一杯あたりの利益が100円として、短時間で簡単に2万円の利益が出るのですから悪くはないではありませんか。

 

 

 

それに単価の高い昼や夜の売り上げを加えると結構いい商売になるのではないでしょうか。駅構内の小さなスペースでやるには格好の商売だと思われます。