立ち食い蕎麦

立ち食い蕎麦

立ち食い蕎麦といったら、働くサラリーマンのお昼ご飯の定番ですよね。なんといっても値段が安く、そして注文してから出てくるまでの時間が早く、そして美味しいといった3拍子揃ったお店です。駅前や駅構内などで見かけるこの立ち食い蕎麦ですが、少し前までは急成長をしていて、店舗も右肩上がりに数を増やして言っていました。

 

梅田で食事するなら、やっぱり個室居酒屋でしょ!

 

しかし、ここ最近では牛丼屋さんやファーストフード店などと並び、格安のセルフサービス形式のうどん屋さんが登場してきたこともあり、その売り上げは伸び悩んでいるのです。今までは出店拡大していたのですが、出店拡大をしていってもお客さんが入らない可能性もあることから、なかなか踏み切れていないのです。

 

美味門 -UMAIMON- 八重洲店

 

その中でも着実の業績を伸ばす立ち食い蕎麦屋さんがあります。値段も300円から500円の間という安い価格でありながら、固定客を他のセルフサービス形式のうどん屋さんなどに取られないように、こだわりのある蕎麦粉を使用したり、天ぷらの野菜にこだわったりと工夫を凝らして、固定客以外にも新規のお客さんを次々に増やしているのです。

 

LUAU AlohaTable with GalaBanquet - 異空間を楽しむ心躍るハワイアン

 

またこの立ち食い蕎麦屋さんも海外出店するお店も増えてきました。海外では日本蕎麦がヘルシーだとして人気です。日本のように立ち食い蕎麦ではなく、外国の人は蕎麦をすすることが出来ない人が多いので、テーブルに座って食べるなどと内装は日本と少し違うのですが、外国に進出している立ち食い蕎麦屋さんもあり、日本だけでなく世界で人気となっていきているのです。