ラーメンの種類はひとことではいえない?

ラーメンの種類はひとことではいえない?

ラーメンの種類は多いのですが、その分類にもいろいろな方法があるのでひとことでラーメンの種類を言い表すのは難しいようです。例えばタレによる分類を使えば、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンというふうになります。また出汁の種類によって分けると、豚骨ラーメン、魚介類ラーメンというふうになり、さらに具材による分類では、チャーシュー麺、ワンタン麺、広東麺、天津麺、五目麺,チャンポン麺という具合です。

 

 

 

このように一言では種類を言い表せないのがラーメンなのです。これら以外にも札幌ラーメンとか博多ラーメンというふうに地域による区分もあり、種類は実に多岐に及んでいます。【いまも進化を続けるラーメンは、味の向上がグングン進んでいる】ラーメンほどいろいろ変化し、進化かを遂げている食べ物も他にあまりありません。それだけに研究を怠っていると、例え人気店でも長い間その座を守ることはできません。

 

 

 

研究熱心な新興の店にすぐその座を奪われてしまいます。およそラーメン店ほど浮き沈みの激しい食べもの業界も少ないのではないでしょうか。長く見ても5年も経つとすっかり勢力図が変ってしまうほど変化のスピード速いのです。そのため浮沈がはげしく、かつては繁盛店だったところが、3年もたつと店の影さえ無くなってしまっていることは珍しくないようです。その分新しい店の進出が多く、常に新旧が入れ替わっているといっても過言でないようです。

 

 

 

では、なぜラーメン店はこれほど浮沈が激しいのでしょうか。その一つの理由は、ラーメンという食べものは日本人が最も好む食品の一つであるだけに、客がその味にうるさいく、店側も味の追求が必至になってくるのです。したがって少しでもこれを怠った店はドンドン脱落していくのです。その競争がつぶしあいになり、そうした状態が過去から現在に至るまで延々と続いているからではないでしょうか。