生パスタ

生パスタ

ここ最近になって、生パスタが人気になってきています。今までは生パスタという言葉さえ聞いたことが無かったかと思います。乾麺と生パスタの違いは、ドライなのか生なのかという感覚的なイメージは沸きますが、しっかりとした違いは分かりませんよね?生パスタというのは乾燥パスタの前の状態です。つまり生パスタを乾燥させると、乾燥パスタになるのです。

 

横浜でおすすめの居酒屋はこちら

 

生パスタはもちもちとした食感が特徴で、良くソースにからみます。また、生パスタはデュラム・セモリナ粉のみを使用して作られているため、セモリナ粉の風味が良いので、一度食べたら病み付きになってしまう位美味しいのです。さて、この生パスタを使ったスパゲティ屋さんが今若い女性を中心として話題になっているのです。

 

岐阜駅から近い個室居酒屋

 

この生パスタは本場イタリアの南の方ではあまり食べられることがありません。生パスタは北部の涼しい地方で食べられているのです。南は暖かかったので、生パスタは保存することが出来ず、乾燥パスタは普及して行ったのです。保存技術が進んだ今でも昔の食文化が継承されていて、南イタリアではツルツルとした食感の乾燥パスタが良く食べられていて、北イタリアでは生パスタが良く食べられているのです。日本人にはこのもちもちとした食感が人気となり、直ぐに生パスタはブームとなりました。

 

まろうど横浜店https://r.gnavi.co.jp/95rh7vu90000/

 

生パスタ専門店も行列が出来るお店も多く登場してきました。日本ではお蕎麦もおうどんも生麺が一般的ですので、生パスタは受け入れられるのは当然なのかもしれませんね。まだ生パスタを味わったことが無ければ、是非一度食べてみて下さい。びっくりするほど美味しいですよ。