海外にも進出するラーメン店

海外にも進出するラーメン店

海外ではいまちょっとした日本食ブームが起きています。いま世界遺産に登録云々で話題になっている「和食」ですが、それを専門に出す店のほか、すし店、天ぷら屋、焼き鳥屋、料理居酒屋、それにラーメン屋などが特に人気を博しているようです。そのなかでも食の街と呼ばれるニューヨークには、さながら日本料理のデパートともいえるほど様々な日本食がそろっています。

 

リゾート&個室バル 美羽 ‐miu‐ 新宿東口店

 

そうしたなかで比較的歴史が浅いのがラーメン店です。欧米人は汁物の麺類はあまり好まないというのが一般的な常識でしたが、最近開店した豚骨ラーメンの店などは、オープン間もないのにもう行列ができるほどの人気なのです。【ラーメン店はどの国に一番よく進出しているのだろうか】人種が違えば肌の色が違うように、味覚にもいろいろ違いがあるようです。例えば香辛料ですが、一般的に外国人は日本人に比べると、かなりよく使うようですし、それだけに種類も豊富です。気候風土の影響もありますが、やはり味の追求がそうさせているに違いありません。

 

 

 

その点、味の種類が豊富なラーメンなどは外国人にもよく合うのではないかと考えられますが、はたして日本のラーメン店はどの国に多く進出しているのでしょうか。欧米に比べて汁物類が好きなのはやはりアジアの国です。したがってラーメン店もそうした国への進出が多く、香港、台湾、中国本土、韓国などがやはり多くなっているようです。

 

観世水

 

欧米でも寿司を中心にちょっとした日本食ブームが起きていますが、ニューヨークなどの食の街は別にして、その他の欧米地域へのラーメン店の出店には少し勇気がいります。したがってもしそうした地域へ進出するのでしたら、万一成功しない時のことも考えて、すぐ別の業態へチェンジできるような体制で臨むといいのではないでしょうか。