他とは違う

他とは違う

東京のオフィス街にある有名なお蕎麦屋さんがあります。立ち食い蕎麦屋さんです。皆さんが思い浮かべる立ち食い蕎麦屋さんは、かけそばや天ぷらそばが400円程度で食べられて、仕事に忙しいサラリーマンが忙しい合間を縫って腹ごしらえするイメージを思い浮かべますよね?有名なお蕎麦屋さんは立ち食い蕎麦でもそういった皆さんが重い浮かべるイメージとは全然違うのです。

 

茜屋-あかねや-上野店

 

まず何と言っても外観が違います。一見するとお洒落なバーかと思わせるような雰囲気です。お洒落な黒御影石で内装がなされて、立ち食い蕎麦というよりもカップルのデート場所というような感じの空間になっているのです。バックミュージックにはジャズが流れているのです。しかし立ち食いそばのスタンスは変わりませんので、注文して自分で茹であがった蕎麦を取りに行くというセルフ式なのです。

 

豊橋駅周辺の美味しい居酒屋

 

ただ、こういった内装や外見ばかりこだわっているお店は沢山あり、一時は人気になるものの一過性の事が多く、直ぐにお客さんが来なくなるということが良くあります。しかし、ここの立ち食い蕎麦やさんは何十年も続いている人気店なのです。

 

銀座 ランチ きたいち酒場

 

内装や外見の他に、蕎麦の見た目自体が違います。普通の蕎麦とは違うそばつゆなのです。普通はお醤油ベースのそばつゆですが、なんとそこにはそばには関係のないラー油が入っているのです。蕎麦と中華?というような意外性が人気を呼び、今ではそのスタイルを真似するお店も多く出てきたほどです。他とは違うというのが人気の秘訣なのです。