関西と関東、ダシの違い

関西と関東、ダシの違い

関西と関東、同じ日本でもラーメンやうどんなどの汁は少し違うようです。
基本的に関東は濃い味を、関西は薄い味を好みます。
関西の人が関東でラーメンを食べたら濃いと感じるし、逆に関東の人は関西で食べるラーメンを薄いと感じるでしょう。
出張や旅行の際、もしかしたら美味しく感じなかったり食べられなかったりすることもあるかもしれません。
特に単身赴任など、その地に長く居座る事になれば慣れるまで苦労する覚悟でいたほうが良いでしょう。

 

そもそも関西と関東、それぞれ何でダシを取っているのか材料も異なります。
ちなみに関東では汁と言うところ、関西ではこれをダシと言います。
この点に関しても違いがあり、関西ではとにかくダシを重視していて特にうどんの出汁にはこだわっているお店が多いようです。
うどんの出汁の定番は昆布なので味がしっかりとしている為、関西のうどんは塩がほんの少しで十分なのです。
話がそれてしまいましたが、濃い味を好む関東の調味料は醤油、塩、砂糖が主流なのに対し関西の出汁は昆布、鰹節、煮干し、そしてさば節を主流としています。

 

 

関西、特に大阪はたこ焼きやお好み焼きなど味が濃い食べ物を好むイメージがある為、なんとなくラーメンやうどんも濃いだろうな…と思われるかもしれません。
しかし実はその逆!
特にうどんは関東の塩分の半分なのです。
NHK連続小説ドラマの「ごちそうさん」でも杏さん演じる主人公のめ以子が大阪に嫁ぎ、
うどんの味の薄さに驚いたシーンを思い出す人もいるのではないでしょうか。
関西と関東、これほど味が違うのですから慣れるまで時間が掛かるのも無理はないでしょう。